google

GoogleDanceTokyo2018には参加できなかった

私は参加できなかったGoogleDanceTokyo2018。ふと、ウェブマスター向け公式ブログを見ると「Google Dance Tokyo 2018 を開催しました」という記事がのっていました。この記事の中では、謝辞とともにGoogleDanceTokyoの内容がyoutubeで公開されているという情報をキャッチしました!早速、見ています。また、Twitterでは、「#GoogleDanceTokyo」というハッシュタグでまとめています。
AI/ML/人工知能

Google Homeを使いたおす!(2017/11)

この記事を書くにあたり、GCPUGの勉強会「Google Homeを使いたおす! DialogflowとAoG Meetup」にて、BLOG参加枠を設けていただき大変感謝しております。先着順の補欠繰り上がりで急遽参加したのですが、メッチャおもしろかったです!! 早速、イベントレポートなどをBlogに書く意気込みがある人のBLOG参加枠の義務を喜んで果たしたいと思います。
ITイベントレポート

IoT LT勉強会に参加してきた

IoTの勉強会に参加してきたことを書きます。connpassの中でも最大規模を誇るIoTのスピンオフ企画のヘルスケアIoTLT #3に参加してきました。 IoTLTは、IoTに関する何でもOKのLT(5分位のプレゼン)を2時間で12本位聞く会です。IoTはスマホを初めとしたモバイル端末をインターネットに接続して身の回りの課題解決をしましょうと言うものです。モバイル端末はスマホではなくても、スマートスピーカーでもラズパイでも何でもOKです。
スポンサーリンク
ITイベントレポート

Google I/O 2018のフィードバックに参加してきた

Connpassの中にGoogleIO 2018のフィードバック勉強会があったので参加してきました。体調不良だったけど、Googleの動向を知れるということで行ってきましたー!最近、connpassさんの勉強会に参加するとハッシュタグをつけてくれていて、参加者が追加情報を付与してくれて、私がブログを書くよりもまとまっている場合があります。
ITイベントレポート

de:code2018のキーノートとセッション資料

de:code2018の基調講演の動画がyoutubeに配信されていたので、内容を確認してみました。10年位前のMicrosoftさんは、囲い込み戦略だったのであまり好きじゃなかった。.NETでクロスプラットフォームになった頃に、少し考え方が変わってきたなぁと思っていました。そして、最近はとてもオープンソースに力を入れていてすごいなぁと思うようになりました。
Go言語

Go言語の入門サイト集

Go言語のバージョンもこの記事を書いている時点で、[version 1.93]迄ありますね。Go言語は関数型言語ではあるけれど、C言語プログラマ向けのサーバ言語かなと思っていましたが、ChromeブラウザがWebAssenblyをサポートするようになってからWeb開発の一端を担う言語に化けるかもしれないと思うようになりました。
AI/ML/人工知能

Machine Learningを導入するときに気をつけること

この記事では、いつもお世話になっているQiitaを管理するIncrements社とMicrosoftが共催した勉強会で、「Machine Learning」を開発時に向き合う課題とAzureのMachine Learningの対応状況を聞いてきました。今回の参加の動機は、Google以外のMachine Learningの情報収集と参加者の中からde:codeの無料招待券が当たるという謳い文句に釣られて参加しました。(
HTML/JS/CSS

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2への道

1年前にHTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に関する記事を書きました。レベル1を取得してから1年半くらい経ちましたね。試験バージョンも上がったし、もうレベル1の試験内容も大分抜けてしまいましたが、、、Chrome拡張機能がJavaScriptで作れることがわかったので、レベル2の状況を確認したいと思います。
HTML/JS/CSS

WebMaker+CodePenで遊んでみた

先日WebMakerという拡張機能を紹介しました。その機能の中にCodePenと連携できる機能がありましたので早速試してみました。如何でしょうか。CodePenを使うと格好良い埋め込みコードを簡単に作ることができます。手始めに、JavaScriptの基本的なイベント「onfocus/onblur/onclick」を書いてみました。
HTML/JS/CSS

初めてのバグバウンティ経験

HTML5レベル2の取得に向けて毎日JavaScriptを読むようになりました。HTML5認定試験の公式ページで勉強しているときもあれば、鉛筆でJavaScriptの書き取りをしていることもあったり、実際にJavaScriptを書いているときもあります。そんなときに、HTML5プロフェッショナル認定試験のページに誤字を見つけたのでサポートに連絡をしました。そしたら、こんなメールが返ってきました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました