サクラエディタでgrepをコマンドラインから実行する

便利技

この記事では、サクラエディタのGrepコマンドをコマンドラインから実行する方法について書きます。大量にGREPを実行する場合は、コマンドラインから実行できるようにEXCELに準備をしておくと便利です。

スポンサーリンク

GREPコマンドの例

コマンドラインから実行する例は、次の通りです。

cd /d "C:\Program Files (x86)\sakura"
sakura -GREPMODE -GKEY="html5" -GFILE="*.html" -GFOLDER="D:\@study\webcircle" -GCODE=99 -GOPT=SPR

このコマンドは、次のGREPと同じ意味になります。

実行結果は次のようになります。

 コマンドオプションの解説

コマンドオプションは、次のものがあります。

-GREPMODE Grep実行モードで起動
-GKEY= Grepの検索文字列
-GFILE= Grepの検索対象のファイル
-GFOLDER= Grepの検索対象のフォルダ
-GREPDLG サクラエディタが起動すると同時にGrepダイアログを表示します。
-GCODE= Grepでの文字コードを指定します。
-GOPT= Grepの検索条件…[S][L][R][P][W][1|2]

S: サブフォルダからも検索
L: 大文字と小文字を区別
R :正規表現
P :該当行を出力/未指定時は該当部分だけ出力
W :単語単位で探す
1|2: 結果出力形式。1か2のどちらかを指定します。(1=ノーマル、2=ファイル毎)

個人的には、「SPR」の指定が好きです。

コマンドラインオプション

まとめ

この記事では、サクラエディタのGrepコマンドをコマンドラインから実行する方法について書きました。使いこなせると便利な時が来ます。

コメント