サクラエディタのソートとマージで重複行削除

便利技

この記事では、サクラエディタのソートとマージ機能について紹介します。サクラエディタを数年使っていましたが、一度も使ったことがなかったです。今までソートやマージは、EXCELを使って実施していましたが、1行のみソートとマージならばサクラエディタの方が使い勝手が良いです。早速やり方を書きたいと思います。

スポンサーリンク

準備したデータ

次のデータを準備しました。

数字とブランクの行をあわせて14行

Ctrl+A、Alt+Aで昇順ソート

Ctrl+A、Alt+Aで昇順ソートした場合の結果は次のようになります。

Ctrl+A、Alt+Dで降順ソート

Ctrl+A、Alt+Dで昇順ソートした場合の結果は次のようになります。

Ctrl+A、Alt+Mでマージ

Ctrl+A、Alt+Mでマージした結果は、次のようになります。

まとめ

この記事では、サクラエディタのソートとマージ機能を用いて重複行を削除する方法を書きました。EXCELでピボットテーブルや関数を駆使していた作業は一体何だったんだろうと思ってしまいます。

コメント